中学受験を受ける前に利点と注意点をよく確認|合格プロデューサーズ

6年間を存分に活用

Education

中学受験を受けることにより私立中学へ行くのと、中学受験を受けずに公立中学へ行くのは、どちらがよいということはなく、どちらにもよいところがあると言えます。そのため私立中学へ行くことが絶対に成功する道ということはいえませんが、多くのメリットがあることは確かです。そのうちのひとつが、多くの私立中学が中高一貫教育により6年間のカリキュラムが組まれていることです。
普通中学と高校は分かれていますが、一応、教育内容がしっかり連続するようある程度の配慮がされています。しかし、高校からは義務教育ではないため高校ごとにもカラーがあり、必ずしも一貫した教育が受けられるとは限りません。
その点、中学受験をして私立中学へ行ったならば、多くが中高一貫教育により6年間通したカリキュラムが組まれています。そのため、中学の分野で学んだことに無駄が出る心配が少なく、多くの学習時間を意味あるものとすることができます。
また、多くの私立中学は5年間で本来の6年分のカリキュラムを終了するように時間割が組まれています。そうすることにより、最後の1年を大学受験の準備へ当てることができるというメリットが生まれます。公立校であれば、高校3年生の学習をしながら受験勉強をすることになりますが、中高一貫教育であれば入試対策などに多くの時間を割くことができるので、もちろん生徒の頑張り次第によりますが、他と差をつける学習をすることが可能となるのです。